ご予約・お問い合せ TEL:042-732-3039

顎関節・顎関節症

耳の前を指で触って、口を開け閉めしてみて下さい。関節が動いているのが分かりますか? 
その部分が顎関節です。

顎関節症の治療

1.痛み

下顎の付け根に顎関節はあります。痛みを感じているのがここだと正しく人差し指でさせるようなら、顎関節症の可能性は高いと考えられます。

痛み1痛み2
※ここが痛かったら顎関節症かもしれません。

痛みは顎関節以外の、こめかみや頬、あごの骨の後ろが痛むこと、又はっきりと指せないけれどその辺りが痛いことがあります。このような場合は食物を噛むための筋肉(咀嚼筋)の痛みであることが多いのです。 顎関節自体に問題はなく筋肉だけの痛みでも顎関節症という病名になります。

2.口が大きく開かない

顎関節症では口が開きにくい、大きく開けられない、急に口が開かなくなったと感じることがあります。この時、痛みのあることも無いこともあります。

大きく口を開いた時、揃えた指がたてに楽に3本入れば、十分口は開いています。
それ以下で、患者さん自身が不自由や痛みを感じていれば、顎関節症の代表的な症状の1つです。この症状を開口障害といいます。

口を開ける時まっすぐに開けられずに、右や左に曲がってしまうのも開口障害の一種です。がんばれば口は開くけれども、ひっかかるような感じがする、という症状もあります。

3.顎関節の辺りで音がする

食事をしている時や話をしている時、あくびや大きく口を開いたときに顎関節の辺りで音がすることがあります。これも顎関節症の症状の一つです。

「コキン」と言う音が口を開ける時に1回する場合と、「ゴリゴリ」「コキコキ」「ミシミシ」などと感じる音が、顎を動かしていると何度もする場合とがあります。

当院ではこのような顎関節症の治療を行っております。 お気軽にご相談ください。

▲トップに戻る

矯正歯科治療の相談

歯科口腔外科について
監修:(医)真孝会 ささき歯科クリニック(東京都町田市森野の歯科医院・歯医者さん)